FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【記事編集】 --:-- |  スポンサー広告|
もう過ぎ去ったこと。
2007.06.17 (Sun)
今日は彼の家の前を通りました。
彼の車はなく、彼も不在の様でした。

今日は彼の家の近くのお寿司屋さんで
たまたま、ごはんを食べたのです。

タクシーで彼の家の前を通ったんです。
だから、彼がいるかいないかがわかってしまった(;´∀`)
切なかった…

新しい彼女と3ヶ月が経つそうだから
きっと彼は幸せなんだと思う。

彼が幸せでいてくれるなら、私はそれでいい。

だって、あのままじゃ彼を幸せに私はできなかったから。
きっと苦しみを共有させてしまったから。
もしかしたら、共有してくれない事が不満だったのかもしれない。
ただただ、悲観し悲嘆していたのは事実だった。
自分でも受け止め切れない悲しみを、他人の彼が
受け止めてくれるなんて無理だと思ったのかもしれない。
だって家族ですら、難しいんだもの。

私は彼に迷惑をかけたくなかった。
彼がもし私と苦しみを乗り越えてくれたのだとしても
私がそれを望まなかったのも事実。
彼の負担になりたくなかった。
重荷になりたくなかった。
あの時の私は、希望なんてなかった。

先日、彼に彼女がいると言われて
私の中で、ちゃんと受け入れる事ができた。
彼とヨリを戻す可能性も0なんだと痛感した。

現実は私が思ってるよりシビアで、
物事は時が流れれば変化していく事がわかった。

過去にとらわれ、そこから動きたくなかったのかもしれない。
うん、きっとそうね。
あの、温かくてとても幸せな時間から
抜け出すことなんてなかなかできないのかもしれない。

でもなぜか、私は彼との未来を私は想像できなかった。
希望がもてなかった。
でも、彼と彼が今付き合ってる彼女の未来は想像できる。

きっと暖かい家庭を築くんだろう。
みんなに祝福されて、結婚し、子供ができ…
彼は家長として年老いていくのだろう。

彼が幸せでいてくれますように。
いま、彼が付き合っている彼女が
彼の事をとてもとても大切にしてくれますように…。

彼が幸せでいてくれますように。

そして、彼と別れてよかったのだと
思える人に巡り逢えますように゚・*:.。. .。.:*・゜


スポンサーサイト
【記事編集】 00:41 |  love| トラックバック:0 |  コメント:1 |  Top↑
コメント
■管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.06.18(月) 10:58 | 【コメント編集】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
SEO対策:不眠 SEO対策:睡眠薬 SEO対策: SEO対策:メンタルヘルス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。